秋波、真水・・・新聞には新聞でしか見ない単語が多いっ!

日本経済新聞の見出しを読んでいて、たまに思うのだが、

これはどんな意味なの?って思う単語が多い。


例えば、最近目にする単語は「秋波(しゅうは)」・・・どうも、色目を使うことらしい。

「民主党が、みんなの党に秋波」のように使われる。


しかし、どうなのかねぇ。


馬鹿をさらすようで嫌なんだけど、秋波(しゅうは)という単語はよく使われるもの

なのでしょうか?


新聞の見出しに、あんまり使われない単語を用いることに少なからず嫌悪感を

抱くのは私だけでしょうか?


この点、少ない行数で人目を惹くために、新聞では、

あえてそのような単語を使うと言う人もいるのだが、

何か新聞社の自己満足のような気がしてならない。


新聞の見出しこそ、誰もが知っている(使う)単語を用いて、個性を出すべきと思う。


次に思ったのが「真水(まみず)」である。


もちろん「淡水」の意味ではない。


主として、政府による経済対策の発表時に使われる用語で、

GDPを直接増やす効果のある対策を測る概念として使用されるのだが、

その厳密な定義はないという。


・・・厳密な定義がない用語が、なぜ新聞で(それも1面などで)使用されるのか?


俺にはさっぱり意味が分らん。


「真水としては・・・で」などと記載せず、

「政府による直接の財政支出の規模は、○億円であるが、

GDPをどの程度押し上げる効果があるかについては疑問が持たれている。」

などと具体的に記載すれば、いいと思うのだが、


どうだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nobody
2010年07月15日 02:19
はじめまして、こんにちは。
おっしゃってること、まったく共感いたします。
「秋波」「真水」、2つとも、私もブログで取り上げ批判してます。
http://nobody515.seesaa.net/article/155009709.html?1279127767
http://nobody515.seesaa.net/article/122096704.html?1279127827
あまりにも感性の似た方がいて感動し、思わずコメしてしまいました。
以後お見知りおき願えれば幸いです。
それでは失礼いたしました。

この記事へのトラックバック

  • 秋波 比翼連理

    Excerpt: 秋波、真水・・・新聞には新聞でしか見ない単語が多いっ! ロンロンの ... ロンロンの Private Diaryの秋波、真水・・・新聞には新聞でしか見ない単語が多いっ!に関する詳細記事。(Power.. Weblog: こあらのおやすみ racked: 2010-06-29 22:10