(バリ島への旅・その14) 最終回

AYANAリゾートからヂ・アリッツ・ホテルへと拠点を変え、

プラザ・バリでのお土産の買い込み、

アリッツのパックに付いてた1時間のスパを体験し、

(いやぁ、1時間も体をいじられて、痛い々々・・・)

最後のディナーを楽しんだ。


そして、部屋に戻って、HISの方が迎えに来る時間まで部屋で待機。

すると、ちー太郎が寝てしまった。

オイラ 「寝ちゃったよ。」

カミ 「今、ちょっと寝といた方がいいんじゃない?」

・・・・・・・


そして、子供が寝ている間に、急いで帰る準備をしている時

突然、ちー太郎の叫び声。

振り返ると、そこにちー太郎はいない!!

オイラ 「ちーちゃんがいないぞっ!」


・・・・ベッドとベッドの間に落ちていた。

寝ぼけながら号泣する長女。


・・・・オイラは、嫌ーな予感がした。



そして、21時50分。

HISの迎えの車で、ングラライ空港(デンパサール空港)へ出発。



空港について、さすがに寝ぼけていたちーちゃんも起きた様子。

搭乗手続き、税関などを経て、

ジュースを飲みながら待っていた。


そして、最後のセキュリティ・チェック。


そこで、おっかねえ空港の係員に、

「ジュースはだめだ!!」(←現地の言葉)と叱責され、

飲みかけのジュースが没収された。

泣くちー太郎。

(うちの子供に何をしとんじゃーいっ!!!!と心の中での叫び声。)


加えて、親戚一同 鞄(カバン)を次々に開けさせられて、

ペットボトルの水を没収されていく。


オイラの母親が

「これはあまりにもひどいでしょ~」と俺に訴える。

(何故に、私に訴える?)

オイラは「こっちが、ルールを知らなかったのがいけないんだ」と。

すると、

母 「だって、買ったばっかりよ!」と、さらにオイラに言う。

(だったら、捕まりてーのか?)とこっちもイライラ。


その間も、娘は泣き続ける。


娘がトラウマになってはイカンと思い、さすがにフォロー。

オイラ 「ここ過ぎたら、また買ってあげるから心配しないで。」

(・・・しかし、その後は売店などは無かった・・・・。うぇーん


成田ではハッキリ言ってやりたい放題だったが、

ここ、デンパサール空港は非常に厳しいです。

(飛行機に不審物を持ち込ませないために、当然と言えば当然だが。)


しかし、最後のセキュリティーの前に、あれだけ売店があれば、

成田の感覚で、飛行機に持ち込むつもりで、

そりゃ、ペットボトルくらい買いまっせ。

(余ったドルやらルピアやらが有るんだから。)


なんか注意書きくらい書けないかねぇ

裏で売店と空港が通じてるんじゃねーのか?


ちなみに、妹夫婦は、これ見よがしに、

セキュリティーのおっちゃん(空港職員)らの前で、

ジュースを飲みほしてきたそうな。

(逞しいぃ~。)



そして、最後の惨劇。

一度寝たところを起こされ、

わけわからん外国人のおっちゃんらに叱責された娘は、

眠れなくなってしまったのか、

飛行機の中で、

目をつぶったまま大暴れしてました(=夜泣き?)。

4歳の娘を抱っこしていたカミサンも大変でした。

※妻のコメント「あまりの辛さに、何の修行か?と思った。」



そんな訳で、

非常に大変な帰路であったが、無事に成田に到着。

親族との別れを経て、

画像


エアポート・リムジンで最寄駅まで帰って来たのだ。

(↑こちらは、冷房も効いて快適。娘も速攻で寝て、着くまで爆睡。)


皆様、お疲れさまでした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぶちくん
2010年08月15日 09:25
DPSで私が目撃した同様の光景はジュースではなく焼酎を飲み干そうとする年配のおじさんでした・・・。
ロンロン
2010年08月19日 22:53
コメントあっざーす

焼酎の一気飲みでしょうか?
日本人の心意気を感じます。

しかしながら、
酔っぱらって、違う理由で検挙されないよう気をつけてほしいものですね。

この記事へのトラックバック