PCR検査・・・陽性・・・入院

先週、風邪を引いて、次の日になったら熱が38.2度になってた。

職場に病気であることを立証するために、体調が悪くても病院に行かなければいけないという

不文律があり、

頑張って病院に行ったらPCR検査を受けることになりました。

へ?

風邪じゃないの?


そして次の日、陽性との判決が下され(電話で)、

保健所の車で迎えに来てもらい、

そのまま病院に入院となりました。


始め「ホテル療養」と告げられたが、体調が悪いと訴えたら、

あっさり入院ということになり、

人生初の護送車、車いすに乗せられました。


CT、レントゲン、髄膜炎の検査、血液検査、尿検査。

点滴、血中酸素濃度を測る機械を装着。


数日間は頭痛、気持ち悪さで寝たきり。

体調不良で寝たきりもつらいけど、

少し良くなってきて、何もやることがないのもつらい。


ずーっと考えごとして、

やることなくて寝て、

新聞読んだり、

本読んだり。

なるべく時間を余らせないように大事に使いました。


症状がようやくなくなって退院でき、

今は自宅で静養。

会社に行ってもいいのですが、

やや不安があり、今日は休みました。



明日、行けるかなぁ?

都立も合格!

とうとう都立(第一志望校)にも合格してしまいました!

年明けまで、いや1月中旬まで、

どうせ受けらないからうけない、などと言っていた娘ちゃん。


じゃ受けなきゃいいじゃん、とか呆れていましたが、

受けてよかったです。


1月、特に後半、愚痴が少なくなり、

淡々と勉強していました。


受けたくない割によく勉強してんなぁーと思っておりました。


私立に合格してからは、より気持ちが安定したのか。

自校作の模試ではなかったけれど、いい成績も出て、

毎日、遅くまで勉強してました。

と言っても、12時前には寝てたので、リズムも良かったです。


合格した時も、嬉しそうではあったけど、

淡々としているので、

「もしかして嬉しくないの?」と聞いてみたが

「そりゃ嬉しいよ」と普通に返されました。


合格した時よりも、試験が終わった時の方が嬉しそうでした。



で、発表から数日が経ちました。

我々夫婦は「よくやったねぇ」「まさかなぁ」「頑張ったよ」とか

繰り返し言っているのですが、

娘はユーチューブとか見て、平然としております。


「自校作やったなぁ」「いや、頑張ったからだよ」とか

時々声かけるのですが、

「まぁね」とかしか返ってきません。


なんか大人になった感じがしてます。



おめでとう!

私立 合格

長女ちゃんが、私立の併願先に合格した(2校)。

つい最近まで受験する学校を決められず、

ぐだぐだ言っていたと思っていた。

気付いたら熱心に勉強していて、

少しずつレベルが上がっていった。

スマホを見るくらいしか趣味がないから、

勉強する時間が長くとれたのかな。

一度始めると、一生懸命やるのは取柄です。


そして、とうとうレベルの高い私立に合格しました。

合格がでるまでドキドキしてたけど、

今は「そりゃ受かるわな」という感じです。


残りの都立も頑張ってほしい。

ラストスパート!

PCR検査

そういえば長女様が、PCR検査を受けました。

微熱が続いていて、

お医者さんの勧めでPCR検査を受けましたが、

物々しくて怖かったなぁ。



そして、自分もそれで1週間自宅待機に。

いろいろ将来(老後?)のことを考えたりして、

それなりに有意義だったな。

60歳まで一生懸命働いて、あとは中途退職して、

残りの人生を楽しく生きる、生ききる。

そうすることに決めました。



で、娘ちゃんは「陰性」だったので、

今は、通学・通塾してます。


いろんなハンデがあったし、

模試の成績も良くないけど、

そんなことはどうでもいい。


チャレンジしない世代だからこそ、

あえてチャレンジしてほしい。

(滑り止めも決まっているし。)



娘ちゃんらしく、マイペースで戦って、

人生の糧にしてほしいです。



以上

次女、受検、うーん

次女様も受検すると言う。

オヤジ様が「まぁほどほどにね」と言うと、

「アタシは、やるからには合格するために勉強するよ」とか

言っています。


えーっ


あれほど子供たちに勉強させようと苦心してきたのに、

いざ勉強するとなると戸惑うオヤジ様です。


小学生ですぜ。

落ちたらどうすんのよ?


それで自信喪失して、ドロップアウトしやったら?


大変困ります。


でも、日々「あー、塾の宿題やってなーい」とか言っているので、

もう(ヤケクソ?)で応援します。


「パパ、社会とかさっぱり分かんないから聞くから」とか言ってます。



長女のケア(応援)が終わったら、落ち着くかと思ってたのに、

まだまだ波乱がありそうです。


コロナ禍も全然落ち着いていません。


以上

祈願

谷保天満宮に行ってきた。

絵馬書いて。

娘ちゃんも、ようやく「希望校」を恐る恐る口にするように

なった。

ようやくね。


何せ、とことん自己否定、消極的、自信がない人です。

結構、いろんな経歴があって、

ずっと努力してきてるのに、

なぜか自信が沸かない娘。


3年間でいちばんいい成績を取っても、「自分なんか・・・」と

いう感じで、困っています。



「自信持て!」「やればできる」とか励ますのは、あんまり意味ないのかな?


最近は、温かく見守って、

質問されたときだけ答えるようにしてます。


よーっく見てると、少しずつ自分で判断してきているし、

自分でも何とかしたいと思っているようなことも言っている。


そうした気持ちがあるのなら、

オヤジがしゃしゃり出るまでもなく、変わっていける。


そこをオヤジが邪魔してはいけない。


娘(長女)よ、自分の進路を自分で決めて、

ゆっくりと自分の人生を歩いて行け!


お父さんは陰で見守ってるよ。

アルバム

本棚に、撮った写真やもらった写真が溜まっていたので、

整理することにした。

長女、次女、その他に大別されるため、それらに仕分け。

無印良品でアルバム買ってきて収納した。


娘ちゃんが楽しそうで、いい表情のものが多いんだわ。

いろいろな思い出が蘇ってきて、

なかなかよくまとまりました。


いやぁ大きくなったなぁ。

病気をしたりもするけど、元気に育っているなあ。


桑田佳祐の「スマイル」を聴きながら、

しみじみとしました。


元気でいてくれればそれでよい。

たまにウルサイことも言うけど、

いつまでも子供たちを温かく見守っていきたい。

娘が部活の友達とよみうりランドに行くといい、

普段の私なら「え~、受験生なのに~」と言いそうなところだったけど、

定期テストが終わって、

さらに塾の模擬テストがあって、

来月から12月になってしまうし、

3連休の最終日、

この日しかないと集まった8人で、

元気に出かけていきました。


お父さんは、元気に送り出しました。

自分で出した結論。

長女の出した結論には最大限尊重したいです。


で、帰り道は一人になったら、すぐ電話が来て、

迎えに行きました。

子供なのか、大人なのか微妙な年ごろ。


そんな娘ちゃんを、少しづつ形を変えながら、

ずっと応援していく。

そんな私です。



頭の中にぼんやりと

いつも長女様の受験のことが離れない。

「頑張れ」「もっと頑張れ」

そう言ってみるが、あんまり言いすぎて鬱になっても困る。

受験だけが全てじゃない。

会社で、心の病になってしまう者をたくさん見てきて、

元気で生きていければいいじゃないか、とも思う。

でも、どうせ行くなら、いい学校に行ってほしいと願う。

学校の成績も、少しでも上がってほしいと思う。

娘が一番大変だが、親も気が気でない。

で、最終的には、自分が行きたい学校を選んでください。

もう、親は陰ながら応援してます。

それしかできない今日このごろ。

毎年、なぜか私がアルバムを作っている。

しかし、段々家族で出かける機会が減り、

アルバムを作るのも今年が最後になりそうです。


受験があるし、

コロナ禍で出かけるなんて考えられない状況です。


寂しくなりますが、仕方がない。

いつまでも家族にべったりなんて、むしろ気持ちが悪いです。


今日、叔母さんの告別式に参列してきました。

元気だった叔母が亡くなってしまうなんて不思議な気持ちです。

従兄弟が老けていたり、

小さかった子らが大きくなっていたりして、

人生って何なんだろうと考えさせられました。


最近、疲れやすくて、膝も痛かったりして、

思うようにならないことが多々あるけど、

これからは益々自分らしく生きていこうと

思った。


合掌

チー 誕生日!

チヒロ嬢が15歳になりました。

後ろ姿だけ見ると、もう大人です。

この前、カミさんだと思ってちょっかいだそうと思ったら、

チヒロ嬢だったので焦りました。


毎日学校と塾で大変そうです。

お父さんとしては、励ますか、叱るか、送迎するかしかできません。

あとは、自分の努力しかない。頑張ってほしいです。


中間テストでは、数学がいまいちで可哀想でしたが、学年で

10番くらいになりそうです。

神様に祈るような気持でしたが、父親がわちゃわちゃしてもしょうがない

ので、冷静なふりをしてました。

今は、「良かったなぁ」としみじみしてます。


先日は三者面談がありました、担任の先生が私の疑問(訴え)について

調べてきてくれたらしく、もう少しで「5」が取れそうな科目があり

ました。

最終学年、受験生。

いろいろと大変な時代の中で、健康でいてくれるだけで感謝なのに、

無理を言ってしまいます。


ちーさんらしく、人生を歩いていってほしい。

笑ったこと

長女様に、最近笑ったこと何?って聞いてみたら、

私がコロナに罹ったら、家から閉め出されるだろうなという寸劇

が腹抱えて笑ったと言ってました。


もう一度やれと言われても困るけどね。

受験生

先月、(塾の)国語のテストの点数が悪くて、

長女様がパニックに。

確かに、毎日問題やってるのに点数下がったら、

それはパニックになるわな。


娘に内緒で塾にメールしました。


で、今回の点数が良かったらしく、

今は機嫌が良いです。



とか言っている間に学校のテストが近づいてきました。


不憫になるくらいに勉強してます。

愚痴もでますが、

「勉強しすぎて死んだ奴はいない」と励ましています。


コロナ禍 続く

小・中学校も再開になってしばらく経ちました。

また、感染者が増えてきており、今後どうなるか分かりませんね。

子供たちは夏休み返上で授業になりそうです。


在宅期間は、子供たちは運動不足とストレスでどうしようもなかったので、

公園で鬼ごっこ、縄跳び、家ではトランプとかカードゲームで気を

紛らわせました。


でも、やっぱり学校があるというのはいいものですね。

在宅もいいけど、外に出る機会が全くないというのは困ります。


早く終息してほしいです。

コロナ禍

学校が3月から休校になって、早3か月が過ぎようとしている。

ちーたんは、受験生なのでお勉強を頑張っている。

塾の課題のほかに、先月から学校の宿題も加わり、

「間に合わない、間に合わない」と愚痴っている。

スケジュールを見直して、ノルマを少なくするのは嫌らしく、

どこにも出かけずにいる。

オンラインでの塾が始まり、そっちはとても楽しそう。

いっそ通塾せずに、毎日オンラインで良いのでは?

と思ってしまう。


ひーは、毎日ダラダラ過ごしている。

宿題をやらなかったり、途中で逃げたりするので、カミさんが

困っている。

絵をかいたり、iPad見てばかりいる。

お菓子食べて、それでも全然動かないので太り気味。

カミさんが3食用意しないといけないし、

学校が早く再開してほしい。


当たり前の生活が何と素晴らしいものか。

写真がない

毎年家族のアルバムを作っている。

この度の新型コロナウィルスの拡大の影響で、外出を控える毎日。

いよいよ暇になって、アルバム(去年1年間の)でも作ろうと

思ったのだが、写真の数が少ない。


特に、お姉ちゃんの方が少ない。

確かに、部活やら塾やらで一緒に出掛ける機会が減り、

おいしいモノを餌に誘ってもついてこないことが多くなってきた。


すこし寂しいが、これも成長の一環だと思うようにする。

コロナ

世間ではコロナウイルス一色です。

学校が休校になり、

我が職場では期限が1か月延長になりました。


どこに出かける訳でもないので、

家でまったりしております。


そしてとても暇です。

バイク2周年

一昨年、急に思い立って購入したバイク(Ape100)。

ほとんど乗らないまま1年が過ぎ。

昨年、点検に出したら、バイク屋のおじさんに「もっと乗りなさい」と怒られ、

そのまま放置して更に1年。

この3月をもって2周年に突入します。


いまだに交差点でエンストします。

坂道発進がうまくできなくて、坂道を避けて乗ってます。


しかし、このままじゃいけないと思い練習を始めました。

近所のちょっとした坂道で坂道発進の練習をしています。

今年こそは、バイクで旅に出て、温泉にでも入って帰ってきます。



娘が勉強している。

自ら進んで勉強している。

3学期の定期テストに向けて、今から勉強するのだそうだ。

いつもはテスト範囲が配られるちょっと前に、

「そろそろ勉強始めたら」とか私が言って、

(なぜか)カミさんが「まだ早いでしょ。範囲も発表されてないのに」とか。

なかなか始めない状況だった。が、


なぜか今回は勉強を始めている。

英語を暗唱すると点数が良いといって、暗唱している。

ノートとかまとめている。


もうすぐ受験生になります。

あんまり言いたくない、でも口に出してしまう「受験」

塾から帰ってきて、

チー様がまだ宿題をやっている(23:55)。

ノートの点数があるから手抜きができないそうだ。


一生懸命勉強して、さっさと成績上げて、いい学校に入れーっと

思う一方で。

さっさと寝ろーっと思うのだから、親は勝手である。


毎日ぐだぐだ文句を言いながら、

ビジネスマンみたいに頑張ってるんだから、

早く「覚醒」して、

明るい未来を、大手を振って歩いていってほしいものです。


頑張って、娘ちゃん。

ひー 牛乳戦記

ひーが給食の時間に、余った牛乳を飲んでいる続報。

勝率は下がったが、相変わらず余った牛乳をゲットしているらしい。

そのために、嫌いなもの(茎わかめなど)も我慢して食べているらしい。

ひーに挑戦するために、牛乳飲まない子がジャンケンに参戦しているらしい。

ジャンケンに勝ったけど、牛乳をくれる子もいるらしい。

最近は風邪で休む子がいるらしく、余った3本目の牛乳を先生に

勧められることもあるらしい。



うちで牛乳を与えてないみたいに思われるから、ちょっと恥ずかしい。

以上

インフル

2週間前、インフルに罹った。

土曜に咳が止まらず、内科を受診。熱が出たらまた受診してと言われ、

午後に38.9度になったから、頑張ってもう一度病院に行ったら、

今度は違う先生から、「あまり早いと判断できないと」と言われ、

悲しくなって、より辛くなって、

日曜、月曜と高熱と咳と頭痛に耐えていたところ、

火曜になってもおさまらず、おまけに吐き気まで出てきて、

いよいよ眠れない、苦しい状況が続き、生きた心地がしないから、

朝一でカミさんに病院に連れて行ってもらったら、

インフルエンザA型と診断された。


薬局で薬(イレンザ)を飲んで、やっと症状がおさまってきた。


水曜も会社を休んで、

木曜にやっと出勤したら、仕事がたんまり溜まっていて、

その日から馬鹿みたいに仕事をした。

相変わらず、咳が出まくりだが、そんなのお構いなしで仕事をして

先週も続けて1週間、猛烈に仕事をした。


忘年会もあったが、

その帰りにマクドナルドとかカフェで仕関係のメモしたり、

考えたりして休まらず。


で、金曜は、別の病院で精密検査。

ホルター心電図なるものを装着しての出勤。


そんな忙しい日々を過ごしながら、

2019年が暮れていく。


ちー 珠算1級

小学5年生から始めた珠算で、

ちーさんがとうとう「1級」に合格しました。

中学に入ってからは、部活や塾で忙しい毎日を過ごし、

一緒にやってる年下の子に追い越されながらも、

辞めずに続けてきての合格。

お父さんも非常にうれしいです。

ひー 誕生日 ちょい前

毎日、本をたくさん読んで、イラスト描いて。勉強はほんのちょっと。

そんなヒサノさんの誕生日が近づいています。


今年はipadを買ってもらうと息巻いており、

かなりの値段がすると分かるや、

「貯金から出すから、半分出して~」と毎日の攻撃。

イラストのソフトを入れて、絵を描きたいそうです。

「ペンを持って歩かなくていいんだから便利じゃん」とか、

「勉強するから~」とか言ってます。


そして、毎日の攻撃につかれてきたので、

銀行のATMでお金を下してしまいました。

もう我慢ならなくなったのか、

「今日、絶対買いたい」

「買っても開けないから~」とか言って、しつこいので

とうとうipadを買いました。


小学4年生で、お年玉はたいて、

初めて買うのがipad。

勇気がすごい。


大事に大事に使ってほしいです。

勉強もちゃんとやってほしいです。




ちー 中2 その3

(塾主催の説明会の続き)

俺が「どうも、うちの子は志望校決められないらしいんですよ」と

言うと、塾長様は堰を切ったように話し始めた。


(長いから少し割愛するが)

・いつもはっきりしないけど、今日、ここではっきりさせよう。

・点数が取れたからここを受けるじゃない、
  
 ここを受けたいから点数を取るんだ。

・今、難しいと考えているところは「はっきり言って余裕」だ。

・あと1年数か月で、もっと上を目指せ。



少しは、やる気につながったかな?




ちー 中2 その2

一昨日に続き、昨日はちーと二人で塾主催の高校受験説明会に行ってきた。

なぜ、あのような会に参加すると、他人の子供が賢く見えるのだろう。

「うちの子は大丈夫かなぁ」と思って横を見ると、

遠い目をして座っている。

「ん? あたしは寝てないよ」と返してくる。

いや、寝てるかどうか確認しているのではなく、一生懸命聞いているか

確認してるんだけど。

(まぁ、俺は、たまに寝ている。)


ひとしきり説明を聞いて、(あー、ちーさんはどうなるのだろう?)と心配は募る。

「個別相談聞いていこう!」

「いや。疲れたから帰る」(←座ってただけ)

「お父さんが話すから、聞いてればいいんだよ」

「えー、いい」

「塾の先輩のブースもあるよ。聞いていこう」

「疲れたから帰る」

という、不毛なやり取りが続く。

そこで塾長先生のブースを発見。

「ちーたん、塾長の話聞いていこう!」

「いいよ、いつも聞いてるから」


(つづく)

ちー 中2 その1

一昨日、ちーとM高校の説明会に行ってきました。

ちーは、「この人、高校受験に関心あんの?」って疑問に感じる態度。

(まぁ、以前は、説明会に行くというだけで騒いで困ったけどね。)

「意外と通学に時間かかるね」

「校舎きれいだね」

「みんな賢そうだね」

「陸上部見に行こう」

「バトントワリング部、かわいい子多いね」(これいらね)

とか、全部俺が話しかけてる。

ちーが、唯一話しかけてきたのは、生徒会役員の子について

「あの子、足ほそーい」だけだった。(しかも、同じことを2回コメント)



帰り道、「この学校も入るのに難しそうだね」と

二人でとぼとぼ帰ってきました。

ひー 4年生 その5

以前、実家に帰省した時、妹から

「ひーちゃんて、いつも何かにツッコんでるよね」って言うから、

よく観察したら、確かに、いつも、よく、いろんなことにツッコんでいる。


この前、アメトークで「ツッコミ芸人」をやってた。

それを、ヒーが見て影響を受けたかどうか知らないけど、

後日、二人でテレビを見てたら、あらゆることに、まぁツッコむ、ツッコむ。

それが見事にはまって、タイミングも絶妙で、職人芸。

(ひっこは、賢いなぁと妙に感心しました。)


誰かに聞かせたかった、爆笑のひとときでした。

ひー 4年生 その4

帰りに、ひーが「今日、友達の誕プレ買ってきたんだ~」というから、

「誰といったの?」って聞いたら、

「一人でだよ」と言う。

「お金はどうしたの?」

「この前、ばーばに1300円もらったから、それを使ったんだよ」


まぁ4年生だから、一人で買い物もありかなと思いつつ、

お姉ちゃんは、全体一人で行けないし、決められないし、買えないし、

ギャップがありすぎて、訳わからん、

ひー 4年生 その3

児童館主催の祭りがある。

ひーたんは、千本くじの係をやるそうで、打合せがあったらしい。

「お友達と皆で係やるの?」

「お友達っていうか、〇〇と▲▲と◇◇とやるんだよ」(残りは全部男子)

「なんで、仲いい女子がいないの?」

「児童館の人に誘われたとき、私一人しかいなかったからだよ」

「ふーん」

「来週は、2日集まりがあるから、忙しいんだ」


ひーたん、なんか変わっている。

ひー 4年生 その2

ひーたんに「同じ学年の子の名前、全員知ってる?」って聞いたら、

「知ってるよ、算数でプリント配ってるので、それで名前覚えちゃったよ。」

「ひーたんは、プリント配り係なの?」

「ちがうよ。教室に早く着いたときに、自分から進んでプリント配っているんだよ。」

「なんで?」

「配った方がいいかなって思って。」


ん? なんかボランティアでやってるってことなのかな?

ひー 4年生 その1

学校の給食で、余った1本の牛乳をかけてジャンケンになるらしい。

ひーたんが、15連勝したらしい。

(以前から、よく勝って、牛乳飲んでることは聞いていた。)


4年生になって、20回くらいは牛乳ゲットしているらしい。

(決して、家に牛乳がないわけではない。)

「なんでそんなに勝てるの?」って聞いたら、

「相手の出すのが大体分かるから、あいこにならず一発で勝つ」

「あとは全部、運で勝つ」と言っていた。


ん? 相手が出すのが分かる?

どうも普段のジャンケンで相手が最初に出すものを記憶しているようだ。

恐ろしい。

確かに、ママの携帯のパスワードを盗み見して覚えてる時があった。


「今日は揚げパンだったので、口の中が砂糖でいっぱいになるから飲みたかった。」

「残すと、ジャンケンに参加できなくなるから、嫌いなものも無理やり食べた。」


あまりにも勝ちすぎて、今日、男子が「すげ~」とつぶやいていたらしい。


牛乳連勝伝説


5年ぶりの免許更新(やっぱりゴールドにならず)

日曜日、府中免許センターで5年ぶりに免許を更新してきた。

4年10か月前、ターンアバウトでの一時停止でやってしまい、

免許更新の講習区分は「一般」、免許は「ブルー」となりました。


以下、5年後の自分にメモとして残しておきます。


朝6時45分に車で家を出発。

途中コンビニで朝食買って、7時10分に府中試験場に到着。

八王子方面から行く場合、試験場の建物の手前にある

「西駐車場」(入り口が狭く、少しわかりづらい。)に駐車。

手前のスペースには結構な数の車が停まっており、焦る。
(実際は、その奥にもかなりのスペースがある。)

試験場の前には40人くらいの人が2列で並ばされており、

前回同様、7時50分に試験場の扉が開いた。


後は流れに乗って、ガンガンと手続が進行。

8時10分には手続きが終了。

9時から1時間の講習。結構な待ち時間。

この時間にやってるかどうか分からないけど、食堂に行けばよかったと後悔。

10時10分には免許の交付を受けることができた。

(本籍地の変更してない・・・・)

以上

思い出したくない出来事 南武線 トラウマ

台風があった翌日、南武線の一番電車に乗った。

ダイヤが大幅に乱れて、混雑する社内。

そこで、

(ん? 臭くね?)

周りを見渡す俺。

混雑して、よくわからん。

登戸駅を出て、確か次の駅で降りる客1名。

そいつがホームを歩いていく姿がチラッと見えた。

(ずぼんがメッチャ汚れてる)

汚物で。

そいつが犯人確定。

その後、排便した現物が車内に残されてることが分かり、

車内はカオスに。


南武線が怖くなった1日だった。

カラオケ

風呂上りに歌ばっかり歌ってるから、

ひーさんに「何で夜になると歌いだすの?」って聞いてみたら、

風呂が曇ってて、歌いたくなり、それが続いて、風呂から上がっても

歌いたくなるらしい。


本当に、ずぅーっと、でかい声で、毎日歌うのです。


何の曲か知らないけど、ひーの歌で覚えたものがたくさんあります。

テンションが高くなって、寝ないので困ってます。



昨日、「カラオケ行きたい」というので、行ってきました。

ひーが歌う、歌う。

3時間中、2時間は一人で歌ってたんじゃないかな?

そして、スピッツの「優しいあの子」で一人だけ90点をたたき出し、

残りのメンバーも「優しいあの子」に挑戦するという

わけ分からん戦いに突入。

「優しいあの子」だけで5回歌いました。


では。

新たな予感

娘(長女、中2)の部屋があまりにも汚いもんだから、

勝手に掃除してたら、

部屋の片隅に中学受験の時使った資料が置いてあった。


やれなかった通信の資料とか、

最悪だったテストとかが出てきた。


結局、受験は断念。つらい思い出がよみがえってきた。


説明会に何度も足を運び、

資料にたくさんメモしてあった(私が書いたメモね)。

お父さんだけ一生懸命で、娘は付いてこれなかったんだなぁ。


あの時どうすれば良かったか未だに分からないけど、

お父さんは「応援」に徹することにした。

まぁ、時には厳しいことも言うけどね。


基本的には塾にお任せして、送迎とかに力を入れてます。


そして、現在中2の娘。塾の夏期講習の特別コースに選ばれ、

やっと、やっと、「自分はできるかも」と知った様子。


そうだよ、気持ちが大事。

やればできるんだから。





2019夏休み

ひーたんは明後日から学校です。

今、カミさんと自由研究の「仕上げ」をしております。

何とか始業式までに間に合いそうです。


ポピーは全然進んでなくて、一昨日私に怒られました。

・・・1日何もしてないって・・・


勉強は何かと理由をつけて逃げまくり。

自分は「できる」と勘違いして、勉強しない子です。



毎日やりなさいと言っているのですが、聞いてくれません。


でも、朝顔とミニトマトの水やりは毎日欠かさずやって、

朝顔は立派な花を咲かせてます。


2019帰省

年々、子供たちと行動を共にする機会が減ってきました。

今年の夏休みは、子供たちだけで新幹線に乗ってもらい、

田舎まで行ってもらいました。

途中、新幹線でひーたんが数回吐いて、

服やシートを汚してしまったらしい。

ちーが我々にラインで連絡をくれるのですが、我々もどうすることもできず、

周りにいる車掌さんなりに言ってみたらというアドバイスはした。

結局、誰も捕まらず、新幹線を降りる時間が来てしまった。

「汚したシートに次のお客さんが来たら、迷惑かける」などと、

いよいよ泣きそうになっていたらしい(母親談)


何だか可哀想に思ったし、そのくらいどうした、もちっと頑張れとも思った。


で、帰りはチーの反対にあい、全員で車で帰ってきました。

行きは2か所の事後渋滞にあい7時間がかかったが、

帰りは飯休憩もなく走り続け、3時間50分で着きました。


高速道路、訳わからん。

あおり運転には注意しとこ。