アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ロンロンの Private Diary
ブログ紹介
子供にまつわること、近所(多摩市周辺)のこと、Businessに関する読書感想文や新聞記事のまとめ、思いついたアイディアなどを書き留めた私的日記(更新不定期)
zoom RSS

ヒーちゃんが眼鏡!

2017/12/09 07:40
ひーちゃんがメガネを掛けることになりました。

眼科で視力を検査し、0.1だった。

本をたくさん読むからかな?


眼科の後、ZOFFでメガネを購入。

赤色のメガネがよく似合ってます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おニューのスポーツタイツを購入っ

2017/11/05 20:24
愛用しているワコールのCW−Xに穴が開いてしまったので、

新しいタイツを買いました。

同じワコールCW−Xのジェネレーター(レボリューション)タイプ。

2万円弱のお値段のものをセール(2割引)でゲットしました。


なんか生地が薄くなり、

若干こころもとないが、

これで運動不足を解消したいっ!!

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分が思うほど格好よくないっ

2017/11/04 21:09
昨日、青少協のソフトバレー大会がありました。

PTAのママさん達と組んだチームで、

第三位になりました。

YEAH!


今、筋肉痛&疲労で疲れた体を風呂で癒し、

さっさと寝ようとししています。


ところで、

ヒーさんが大会の模様をスマホで録画してくれました。

パパとしては、結構イケてる感じでプレーしてたかと

思っていましたが、

さっぱりでした。

何か動きがぎこちなく、オタクっぽい感じがしました。

しかも猫背。


自分を客観的に見ることがいかに難しいか。


楽しいイベントの中で、考えさせられる1日でした。


寝ます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新しいシューズを買ったっ

2017/10/28 21:27
腸脛靭帯炎(ランナー膝)の症状が出るため、

哀しいかな長距離は走れない私。

これが痛くならなければ、フルマラソンが趣味だったろうな。


ストレッチをして、

足に負荷がかからない走りを追究しているが、

どうしても右足膝の外側が痛くなる。



さて、なんちゃってランナーの私であるが、

体力作りは細々と続けて行きたいと考えている。

ちょっと悲しい娘との出来事もあり、

新規にジョギング用のシューズを買うことにした。


B&D渋谷店さんで足を計測してもらい、

クッション性があり、

左右にねじれないで、

外側に傾かないよう内側に支えの入っていない、

ワイドではないモデルをいくつか勧めてもらった。


そして、ミズノのウェーブライダー21の赤を購入。

今までの人生で赤色のアイテムって

ほとんど購入したことがなかったが、

やっぱりランナーは目立ってナンボということで、

赤をチョイス。



これから、ジョギングのお共になってくれそうです。

そしてタイツも買おうかなと考え中。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(最終回・・・?)

2017/10/28 21:18
お受検物語の終了から3日。

娘が「Z会の勉強はパパとやらないとできない」という

なぞの手紙をくれた。

そして、意思を確認したところ、勉強をするという。


正直、もう手遅れだと思い、そして

なぜ進学塾に入れなかったのか、

どうしてパパ(私)が主導してできると思ったのか、

高校受験に向けて、何を始めればいいか、

などと考えていたところだったので、?という感じ。


むしろ、自分で広げた風呂敷に困っていたのだ。



それなのに勉強するという。

5倍だぞ。

絶対受からないよ。

それでもやるの〜?


まあ、「記念受検」というのは嫌だけど、

やれることはやってみる。

経験が大事。

それが中学校生活や今後に活かされれば良いと思い、

続けてみることにした。



そして、今日(再開)。

ちょっとは態度が改まったが、

依然として「友達と遊んでくる〜」とか「眠い〜」とか言っている。

ちょっと何言ってるか分かんないんですけど(富澤風)。


子供と一緒に勉強するのも今のうちだけだし、

最低限、学校の勉強は遅れないように監視しようと思っていたし、

ちーさんも「パパ、今度、漢字のテストある」とか「速度の学習終わった」とか

授業の進み具合も自発的に報告してくるし、

まあいいか、という感じです。


もう比と割合、そして作文を勉強して、

最低限の最低限で臨む。

それでいいような気がしている。


作文とか、自分と向き合う必要があって、

とても大事だなぁと感じていたところなので、

勉強が再開となって、ちょっとホッとしているところもある。



つづく
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


お受検物語(最終回)

2017/10/23 22:55
今日は、台風の影響で娘たちは休校だった。

朝、いつものとおり、今日の勉強のメニューをプリントアウトし、

娘に声を掛けた。

「友達と遊ばなかったら、この問題やろうね。」


一日休みだから、午前中2時間分、午後1時間分。

朝8時から、私が帰ってくる19時までゆうに11時間はある。


仕事が終わって、買い物したいのも早々に切り上げ、

娘を義母の家に迎えに行った。

今日は、誰とも遊んでいないという。


ならば、さぞかし勉強が進んだと思ったら、

宿題くらいしかやってない。


半日あったのに、何も進んでいない!

仕事もなるべく早く終わらせて、急いで帰ってきた。

一生懸命勉強していたら、それをねぎらって、

パパ勉は少しくらいでも良いと思ったが、

ほぼ何もやっていない状態・・・。

テレビ見て、友達と電話でしゃべったりしてたようだ。


さすがに頭にきた。しかし、怒りを通り越して、哀しくなった。

こんなことは言う必要がないと思って黙ってきたが、

いよいよ勉強も止めだと思い、娘に言った。


「パパは、何でも一生懸命やってほしい。

スポーツも、ソロバンも、クラブ活動も頑張っている。

勉強だけはガミガミ言うのは恰好悪いと思い、放置してきた。

それではいけないと思い、5年生くらいから言うようにした。

何か目標があると良いと思い、都立中学の受検を勧めた。

正直、大変厳しい試験だから、必ず受かるとは言えないが、

一生懸命頑張ることが大事なんだよ。」


そして、もう娘と勉強するのも終わりかと思い、

「言いたくないが、パパは自分の趣味を我慢してきた。

娘の勉強を考えて、

事前に予習して、

急いで仕事終わらせて帰って来てるんだよ。」

「空いた時間で勉強するくらい何でもない。

今、必要ではなくても、必ず将来の役に立つ。

そして、どんな職業についても勉強は必要なんだ。」


もっともっと言ったのですが、疲れるのでやめにします。

お説教の途中で、カミさんが帰ってきたので、おしまいに。


娘ちゃんは、ずっと泣いていて、一言も話しませんでした。



お父さんの長い戦いは終わったのです。

明日から何をしようか。

TOEICの勉強を復活しようか、

ブログでも書いてみようか、

ジョギングもいいなと考えている。








記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


いじめ・・・考えすぎ・・・?

2017/10/22 22:58
ここのところ、雨がずっと続いています。

気温も急に下がってきて、冬になったようです。


ちひろさんに心配なことができました。

(と言っても、私の考え過ぎのようですが・・・。)


友達のグループが皆で遊びに行くときに、

自分だけ誘われなかったというのです。

(自分からは「行きたい」とは言えない様子。)


いよいよ、「いじめ」「仲間外れ」の始まりかと心配。

カミさんは「話始めれば、普通に会話していた。」と言う。


なんでも、遊びに誘われなくなったのは、夏期講習に通い出し、

皆と遊べなくなったのがきっかけなそうな。

(じゃ、俺のせい?)


何だか、申し訳ないというか、切ない気持ちになります。

人間関係で悩みを抱え込むことのないようにと、

常々心配しているのですが。


娘も、難しい年頃になってきました。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


お父さんは不審者ではない・・・・

2017/10/16 23:42
今日は、人間ドックだった。

いつもより早く帰宅できたので、

ひさのちゃんを迎えに行ったら、

ひさのちゃんはそれを知らず、

ばーばの家に向かう途中だった。


坂道を下っていくひさのちゃんを追いかけたら、

こちらを振り返り、ダッシュ。

「あれっ? 娘じゃないかも」と思いつつ、

あの水色のランドセルはうちの子に違いないと思い、

一生懸命追いかける。

しかし、ひさのちゃんは、またも振り返り、ダッシュ。


私を不審者だと思って、逃げている様子。

その逃げ足が速いんだな、これが。


「ひさのちゃーん、パパだよーっ」

「ひさのちゃーん、パパだよーっ」と何度も呼びかける。


しかし、ひさのちゃんは逃げる。


一瞬、車の雑音が消える瞬間があり、

ようやく、娘が私に気付いた。

そして、

「なんだー、なんでパパがいるのーっ」・・・ゼイゼイ・・・


そうだよね。言ってなかったね。


しかし、足が速え。


娘は、もう少しで警報ブザーを鳴らすところだったそうだ。

一歩間違えば、警察に通報されるところだった。


なんとも言えない娘のお迎えでした。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


仕事・・・嫌い・・・

2017/10/05 20:33
仕事のことでぐだぐだ文句を言ってたら、

ひーさんが「パパ、仕事嫌いなの?」と訊いてきた。


ここは未来のある子供に、将来を悲観しないよう

前向きな発言をすべきなのだが、

「パパはねぇ、パパの仕事が大嫌いだよ。」と答えた。


そしたら、

「パパは好きな仕事すればいいのに。ひーちゃんは、

絵本作家という楽しい仕事をするんだよ。」と言われました。


・・・・


好きな仕事を選んだつもりなんだけどね。

最初の頃はね、夢も抱いてね。

だけど、そうも行かなくなるときもあるのさ。


子どもたちが、将来楽しめる仕事を選べたらいいね。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


手を挙げられない娘・・・・運動習慣等調査

2017/09/16 13:10
6年生になっても手を挙げられない娘ちゃん。

間違っていたら恥ずかしいとか、

普段手を挙げない私が手を挙げたらみんな驚くとか、

手の挙げ方が分からないとか、

ぐだぐだ言い訳をして、手を挙げない。


ひいては、積極性がないと判断され、学校の成績は悪い。


これがすべての悪循環の始まりなのだ。

しかし、ネットでいろいろ調べてみても、

有効な対象法はなく、むしろ温かく見守るべし、という意見が多い。



中学受検も、・・・・非常に厳しい状況だ。



そんな中、運動習慣等調査の結果が帰ってきた。

娘は、50m走が7秒台で走れたのに、記録は8秒台になっていて、

先生に抗議(?)したらしい。

記録表を先生に渡したところ、中1日あけて、返ってきた。


記録表を見たら、記録が訂正されていた。

総合評価もBからAに訂正された。


娘ちゃんやったね。

積極性をよく出せた。自分のプライドのために闘うことができて良かった。



今日は、ここまで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その13)

2017/09/16 12:59
秋からの学校別講座に通えなくなった。

夏期講習の成績が悪かったからだ。

本人はちょっとは出来たような感触を得ていたようだが、

回答欄は空白が多い。

記号で答えるところを言葉で答えたり、

基礎的なところからできていない。


さすがにお父さんもショック。


ちーさんに「受検するか?」と聞いてみたら、

勉強は好きじゃないけれど、「高校受験の練習として受ける」とは

言っていた。


相変わらず抵抗が大きいが、

お父さんと勉強するのはそんなに嫌ではなくなってきたようだ。


実際、漢字などはよくできるようになってきている。


勉強が嫌いなのはしょうがない。

でも苦手なのはやっていないから。


受検するかどうかはともかく、

勉強を好きにさせる。

勉強が当たり前だと思うようにさせる。

しかも、テストで点数が取れるように教える。


人生はまだまだ長い。

私は、娘が出来ない子などどは1回も思ったことはない。


やればできる。

そう思う。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その12)

2017/08/20 13:21
7月、人事異動があって、やや忙しい部署に異動することになり、

ぱぱ勉の開催が怪しくなった。

また、私塾の塾長からの心無いコメントや、私の力不足も痛感し、

さらに、相当暇になる夏休みに「自習」オンリーではさすがに心もとない

と思い、夏期講習に通うことを決断。

(また、娘の説得が難工事。未だに「行くとは言っていない!」と。)


数回講演会に通ったZ会にお世話になることにした。

理由は、enaでは拘束時間が長すぎて、娘がノイローゼになってしまう

懸念があったこと、知っている子がいる中ではやりずらいかなと考え

たこと、Z会の講習時間が非常に短かったことなどである。


いざ、娘の説得が終わり、スケジュールを組むのも大変。なにせ、

勝手に行って、帰ってくることができない純粋培養の超お嬢様だからだ。

見た目はスポーツ少女。中身は、超怖がり屋さん。

かくして、父母・祖母の送り迎えのスケジュール組みが大変になった。

前半戦は、1日休暇を取って送り迎え作戦など大変だった。

次第に、電車の乗り方にも慣れ、それだけでもいい経験になったと

実感している。


さて、夏期講習であるが、Z会にも落とし穴があった。一つは通校生との

関係。うちは夏期講習だけのお客様なので、何というか、ちょっと説明が

おざなりというか、丁寧ではなかったらしい。また、ちー様も講習生なので

できなくても仕方がないといった勝手な解釈をしていた・・・。もう一つは、

宿題の多さ。講習時間の短さをカバーするために、宿題がたくさん出る。

自分一人ではできない問題が多く、「Z会やだっ!!」とか終始怒って

いた。後半は、仕方がないと、少し諦めた様子。


夏休みを通して、勉強三昧の日々で、本人は相当ストレス。加えて、

受検については、「お父さんが言うから」仕方なく、という消極的なスタンス。

しかし、それは事実だから仕方がない。


ポピーも溜まっている。復習も十分にできていない。

これからどうなるのだろう?


(つづく)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏休みの覚書 2017

2017/08/20 12:37
ここ何日間か連続で雨が降っており、全く夏らしくありません。

が、涼しいのは大変助かっております。

1週間の夏休みが今日で最終日。少し振り返ってみたい。


まず、ちーさんの夏期講習があった(・・まだ終わってない。)。

これでいつもの夏休みとは大幅に様変わりした。

また、私の転勤があって、少し帰りが遅くなった。

⇒夏期講習のお迎えをしたのが一番印象的な出来事だった。


夏休みの宿題は、チーさんは7月中にあらかた終わらせたのだが、

自由研究と読書感想文が残っており、やっと昨日自由研究が終わった。

あとは読書感想文のみである。

ひさのちゃんは、量が少ないのにもかかわらず、逃げ回っていたが、

やっと昨日で目途が立ってきた感じ。


田舎への帰省は、日程の都合がつかず、

先に娘たちだけで新幹線で向かってもらった。

ちーさんが大分渋っていたが、終わってみればあっという間。

いい経験ができました。


その他に、日原鍾乳洞、多摩市のプールなどに行きました。

恒例としたかった沖縄旅行は難しそう。


ちーさんは、誕生日に買ってもらったパズルにはまっている。

ひさのちゃんは、相変わらず本や漫画ばっかり読んで、朝起きるのが遅い。


ちーさんは、あと少し夏期講習を頑張ります。

ひさのちゃんは明日から学童にまた通います。


お父さんは、頭痛・咳などに苦しめられ、1週間寝込みました。

溶連菌の疑いがあり、抗生物質を飲んだら落ち着いてきました。


こんなところかな?

明日、会社に行くのが嫌だな〜


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


メロンパン大会

2017/07/19 23:15
ちーさんが、パン専門店のルパよりもセブンイレブンのメロンパンの方がおいしいと言うから、いろいろな店からメロンパンを調達して、どれがおいしいか検証することとした。

調達したのは、ルパ、ヴィドフランス、セブンイレブン、ペルティエ(京王百貨店)、ジョエル・ロブションの5つ。

ロブションが一番高く400円強。

目隠しをして、ちょっとずつ食べて順位をつけた。

その結果、ちーさんは「セブンイレブン」を選択。やわらかくてもっちり感がよいとのこと。

私は「ヴィド」。外がカリっとしていて、中がもっちり。こだわりの作り。

ちなみにルパは、メロン臭がきつく、人工的な感じがした。


メロンパンを一番たくさん食べた一日でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


趣味 ウクレレ 始めました

2017/07/08 06:40
さんざん迷ってFamousのウクレレ(コンサートタイプ)を買いました。

初心者用の安いのを買おうと思ったのだが、

店と人に相談し、もう一つグレードが高いものを見せてもらったら、

見た目が良くて、「これだー」と思い、買ってしまいました。


購入後、約半月がすぎました。

毎日、少しずつ練習しています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年も 蛍を見ましたっ

2017/07/01 13:47
6月25日(日)

近所のO公園にホタルを見に行ってきました。

19時45分頃、辺りが暗くなり、蛍が飛ぶ姿がちらほら。

地元の人(?)も20人はいたでしょうか?

とてもきれいでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その11)

2017/06/11 16:45
塾の人に、ヒドイことを言われ、かつ、対策(対案)も示されず、

大変頭にきておりますが、ただ頭にくるだけでは何の解決にもならない。


まず、冷静になって考えるのだが、覚悟がない、もっと負荷を与えるとか、

過去問はまだ早いとか、たくさんの批判を浴びた。そこから浮き上がるのは

精神論。気合が必要なのは分かるのだが、そんなに気合が必要か?

本人から湧き上がってくるまで応援する。それでやる気がないなら、

それはそれで仕方ないではないか。・・と思う。

私だけは、娘を信じて応援しつづける。



次に、どうするかだ。

娘を受検させる、あわよくば合格させる。

もちろん本人の意向も踏まえる。

だめでもそれが経験になる。倍率の高さから考えれば、受かるのが珍しい。

でも、やらないより、やった方がいい。

気合よりも、もっとリラックスして受ける方が彼女に合っているような気がする。


必要な勉強をする。

最低限でもいい。娘がちょっと胸を張って、お父さんと勉強した、

ポピーも、Z会もやった、模試も少し受けた。

自分の考えも少し表現できるようになった。

来年の2月にそうなっていればいい。


お父さんは、合格の保証はできないが、いつまでも応援する。



今日はここまで。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その10)

2017/06/10 19:56
娘ちゃんが通っている個人塾の塾長と面接。

覚悟がないとか、作業で終わっているとか、基礎体力がないとか、散々言われました。

うちに任せてくれればいいが、「あえて落とすのも手だ」とかひどい言いよう。

頭に来ました。

・・・・

今、過去問をやっても、知識が不足しているとか、

体力がないのに、テクニックを覚えてどうするとか、

批判されました。

・・・・・


夏休みは、いままでの復習をすればいい、と。

それで問題が解けるようになるのか。


・・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


R.I.P TAKAASHIGUMO

2017/05/31 23:52
先々週、我が家にタカアシグモさんがやってきた。

歯を磨いているときに、足の上を何かが通り過ぎたので見てみると、

巨大な蜘蛛

思わず、ぎゃーーーーーーっと叫んでしまった。


怖いい、怖すぎる・・・・・


ガクガク・・・


そうこうしている間に扉の間に逃げ込んでしまった巨大蜘蛛。

ネットで調べると「タカアシグモ」さん。

ゴキブリを退治してくれる益虫。

しかし、デカくて怖い。


扉にメンディングテープを貼って、とりあえずそのままの状態をキープ。


その後、家族(ヒー)に早く捕獲しろと命令され、

「お父さんだって虫怖いんだよっ!」と無視。


そしてしばらくたったある日、覗いてみた。

そしたら、床にうずくまって亡くなっていた。

R.I.P



ちーさんしかいなかったので、「お父さんがクモさんを逃がしてあげたことにして」と頼むと、

「いーよ」との返事。


その後、帰ってきた神&ヒーに、「パパすごかった。クモを手で捕まえて、外に逃がして

あげてたよ。」とやや脚色しながら、まぁ嘘がうまい。


クモを捕まえたことよりも(→正確には死んでいた。)、あの永遠の少女チーさんが

これほど嘘がうまいことにショック。


いつまでも子供だと思っているのは単純な父親だけで、

子供たちは確実に成長(?)しているのです。



・・・・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年運動会 準備と本番と振り返り(その2)

2017/05/24 23:54
1 場所取り
 ・5時55分に学校に到着し、10人並んでいたので十分(来年も同じでOK)。
 ・本部席近くが取れたのでOK。本部席西側もあるが現状でOK。
 ・シートが飛ばないように、Coleman(1)、お茶、一脚、ビデオ等で端留め。
 ・一度荷物を取りに帰った。

2 機材・荷物
 ・カメラをスポーツモードにしてなくて焦る場面あり。
 ・もっと連続撮影できると良い。撮影音もデカい。連続撮影しすぎると途中で一瞬作動しなくなる
 ・椅子Colemanは開門待ち以外では使用しなかった。
 ・カメラの予備バッテリ使用せず。撮影枚数は1枚のCFでOK。
 ・標準レンズ使用せず。
 ・脚立(白ピンク)使用。
 ・角を固定できるシートが良いかも。

3 撮影場所
 ・徒競走は立見席ではなく、ゴール付近から脚立で撮影が良い。
 ・ゴールを事前にチェックすると良い。
 ・リレーもちょっと離れた位置の上から俯瞰で撮ると撮りやすい。
 ・リレーはどこをメインに撮るかで場所を決めると良い。

4 その他
 ・曇りでも日焼け止めを使うこと。
 ・暑くても長袖を着ること。
 ・NFの帽子をかぶること。


(パパの準備編)
・敷物(青色のみ)
・チェアー1脚
・脚立(白ピンク)
・三脚(使用せず)
・一脚
・ビデオカメラ(フル充電)データ容量確認
・一眼レフ(フル充電)
・デジカメ(フル充電)
・iphone(フル充電)
・iphone止め(2way)
・予備バッテリ
・帽子
・プログラム
・日焼け止め
・タオル
・軍手
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年運動会 準備と本番と振り返り(その2)

2017/05/21 09:21
1 場所取り
 ・5時55分に学校に到着し、10人並んでいたので十分(来年も同じでOK)。
 ・本部席近くが取れたのでOK。本部席西側もあるが現状でOK。
 ・シートが飛ばないように、Coleman(1)、お茶、一脚、ビデオ等で端留め。
 ・一度荷物を取りに帰った。

2 機材・荷物
 ・カメラをスポーツモードにしてなくて焦る場面あり。
 ・もっと連続撮影できると良い。撮影音もデカい。連続撮影しすぎると途中で一瞬作動しなくなる
 ・椅子Colemanは開門待ち以外では使用しなかった。
 ・カメラの予備バッテリ使用せず。撮影枚数は1枚のCFでOK。
 ・標準レンズ使用せず。
 ・脚立(白ピンク)使用。
 ・角を固定できるシートが良いかも。

3 撮影場所
 ・徒競走は立見席ではなく、ゴール付近から脚立で撮影が良い。
 ・ゴールを事前にチェックすると良い。
 ・リレーもちょっと離れた位置の上から俯瞰で撮ると撮りやすい。
 ・リレーはどこをメインに撮るかで場所を決めると良い。

4 その他
 ・曇りでも日焼け止めを使うこと。
 ・暑くても長袖を着ること。
 ・NFの帽子をかぶること。


(パパの準備編)
・敷物(青色のみ)
・チェアー1脚
・脚立(白ピンク)
・三脚(使用せず)
・一脚
・ビデオカメラ(フル充電)データ容量確認
・一眼レフ(フル充電)
・デジカメ(フル充電)
・iphone(フル充電)
・iphone止め(2way)
・予備バッテリ
・帽子
・プログラム
・日焼け止め
・タオル
・軍手
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年運動会 準備と本番と振り返り

2017/05/21 09:11
運動会本番となりました。すっきりと晴れて、日焼けしそうです。

まず、お父さんは6回目となった場所取り。朝、5時55分時点で約10人が並んでいます。Colemanのチェアーに座り、コーヒーを飲みながら、ゲームをしつつ、1時間15分暇つぶし。

開門となり、ダッシュして本部席近くをゲットしました。


一度家に帰り、その後、ひーちゃんを学校に送って行きました。学校に着いたとたん、「じゃーね」と小さい声で言って、去っていきました。・・・


運動会が始まる。ちひろさんの最後の運動会。

午前は、ちひろさんの演奏、100メートル走、騎馬戦、リレー。ひーちゃんのダンス、大玉ころがしがありました。
ちひろさんは風邪気味で本調子ではなかったのか、100m走では3位。しかし、本人は「大丈夫だよ」と言って多くを語らず。淡々と事実を受け止めている様子。ひーちゃんの大玉ころがしでは、なぜか大玉が2回とも制御不能に! 
リレーでは、何とちーちゃんが最後に一人を抜かして、白組が得点をゲットすることになりました。大働きです!! 先生も「今日のヒーローだね」と言っていました。お父さんは感動。


お昼は妻殿が作ったお弁当を食べました。


午後は、ひーちゃんの50m走。ちひろのエイサー、組体操。全学年での大玉送りがありました。


そのようにしてちひろさんの最後の運動会が終わったのです。

お父さんは感動とともに、少し寂しい気持ちになりました。

そして今、なぜか筋肉痛になっている。


子供たちと動画を見て、振り返りをしています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


子供たち

2017/05/14 16:48
GWが終わり、5月のイベントとしては運動会があります。

チーさんは4年連続でリレーの選手に選ばれました。先週から朝練が始まり、「3年生がなってない」などと愚痴を言っています(すっかり偉そうです。)。

最近、にわかに大きくなってきました。カミさんをもうすぐで追い越しそう。ぱっと見は中学生です。しかし、臆病なところは相変わらずで、一人で2階の自分の部屋に行けない、一人で風呂に入れない(妹に先にでられると騒ぐ)などです。風呂上りにいつまでも着替えなかったり・・・、親として何か困ってしまいまする。

運動会の後は、宿泊訓練など。6年生として忙しい毎日を過ごしています。


ヒーさんも大分成長してきました。腰回りとか太ももとかが、かなりヴォリューミーになってきて、一瞬「えっ肥満?」と思ってしまいます。カミさんも気にしています。毎日毎日、絵を描いて、本を読みまくっているので、インドアの宿命でしょうか。

仲の良い友達とクラスが違ってしまって可哀想ですが、まぁ元気にやっています。


以上、心配事も含めた子供たちの近況。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年GW

2017/05/07 21:19
5/2 有給休暇を取得し、学校公開・PTA総会に出席してきました。

授業の様子は、・・・先生の言ったことを聞いて、ノートに写しているだけなので、正直頑張っているのか、そうではないのか分かりません。午後は、初めてのPTA総会に出席。見渡す限りのママの中、黒一転の私。ただ座って、ちょっと前に出て話すだけでしたが、緊張しました。

子供たち、カミさんが帰ってきて、19時に自宅を出発し、実家へと帰省しました。首都高が渋滞だったので、一般道を大泉Jまで進み、外環道、東北道に進み、24時に到着しました。


5/3〜5/6まで、十六沼公園、吾妻運動公園(あたしは頭痛のため欠席)、飯坂温泉(泊まり)・摺上川ダムへと足を延ばし、ゆーっくり温泉につかってのんびりしました。

ゲームの時間(午前1.5時間、午後1.5時間)をきっちり守り、ちーさんは勉強をし、従妹の世話をして、喧嘩など少々して、・・・まぁ短い時間でやれるだけのことはやりました。

そして、5/6の19時。渋滞マークが点灯する中、東北道を飛ばして、行きと同様、大泉から一般道を使って帰ってきました。23時30分着。

そして、本日(5/7)、体のあちこちが痛い。そして、昨日からの腰痛が心配。

明日から仕事です。・・・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その9)

2017/04/23 10:13
(4/23)
 泊りがけの出張があったり、飲み会(ホントに止めてほしい・・・)があったりして、パパ勉が進まない。娘ちゃんも6年生になって、イベントが多く、放課後の時間もあまり取れなくなっている様子。

 適性問題集(文理)が難しすぎたのでいったん中断し、Z会を始めることにした。適性問題が4コマ、作文が2コマ、それに添削用問題が2コマある。始めてみたら、意外とヴォリュームがなく、本日をもって終了(添削用問題はこれから)。

 適性問題の方は、考えるプロセスをじっくり教える形式。しつこく解説するも、問題は「やるもの」であり、「やれば終わり」と認識しているらしく、「間違ったところを見つけ」て、「そこを復習する」のが大事と伝えるのだが、やや抵抗がある。間違ったところや、次に注意すべき点を自分で余白などにメモするようにした。

 作文は、具体性に欠ける。ここ1か月、「具体的に書け〜」と何度も伝えているのに・・・・。

 これからやる添削用問題が怖い。お父さんは助けられないのだよ。


つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


家のメンテナンスなど

2017/04/16 22:15
2月初旬から始まった花粉症は、まだ治る兆しをみせておりません。

しかし、桜の花も散り始め、本格的な春がやってきたようです。


そして、家のメンテナンスを少しずつ始めています。

昨年は大規模な外壁塗装を行ったのですが、

今春は、スイッチの交換工事、シャッター工事、プリーツスクリーンの修理などを行いました。

庭の雑草取りなども早くから始めています。


家の中が少しずつきれいになり、気持ちが良い春を過ごせそうです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その8)

2017/04/16 06:29
(4/2)
「適性検査問題集」(文理)が半分くらいまで進んだ。と言っても、ほとんど飛ばして進んでいるので、これからが本番という感じ。Z会を始めるのはいつになるのだろう・・・。

(自習の経緯)春休みは「私塾」に通わせて自習をさせようと思ったのだが、私塾が日中開いていないことが判明。やむなく自宅学習になりました。この反省を生かして、夏休みの計画を早めに立てていきたいです。我が家らしく、のんびりだけど、しっかり娘に向き合って。

近所の都立中高一貫校に合格した親御さんに話を聞く。文章を書く特訓が大事、最後までマスを埋める、日曜特訓に通わせた方がよい、など多くのアドバイス。週5日も勉強していたなんて驚き。そして、うちの娘ちゃんには無理。話を聞いた後、溜息をつく私と妻ちゃん。

(4/6)
6年生の1学期が始まる。1年生のお世話があって、早く家を出なければならないなど、いろいろと大変。「忙しい、忙しい」と言いながら、あっという間に6年生が終わってしまうのではないかと冷や汗。

(4/7)
娘ちゃんは録画していた「下剋上受験」(ドラマ)を見て、急にやる気が出たらしい。しかし、ドラマのようにはいくはずがない。問題をやらせてみれば「わかんなーい」と愚痴がでる。

(4/13)
この一週間で「適性検査問題集」(文理)が1テーマしか進んでいない。娘ちゃんに尋ねたら、学校の宿題と私塾の宿題で忙しいとのこと・・・。

(4/15)
意を決して、問題集を止めて、Z会を始めることにした。40分で終えるはずが、60分も掛かっている。それも全くできない問題もある。娘ちゃんが、時間を意識しながら、答えを出すことができるようになるのか。お父さんが代わりに受けてあげることはできないんだよ。


つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年4月 東京ディズニーシー(TDS)に行ってきたっ

2017/04/09 07:51
昨日(2017/4/8)、あいにくの雨の中、家族旅行でTDSに行ってきた。

5:15に自宅を出発。中央道、三宅坂、竹橋、神田橋、辰巳を経由して浦安まで。途中、事故渋滞があるも6:15過ぎにTDSに到着。車の中で(パジャマから)着替える子供たちを残して、お父さんは開門前の列に並ぶ。
並んでいる人たちの傘が多くて邪魔。濡れる。合羽を着ても雨が服にしみる。スマホはバッテリーが心配だし、本は濡れちゃうし、寒い中、ひたすらぼーっと待つしかない。開門前のシャッターから10mくらいの位置。これで立ったまま約1時間半は大変だ。そして、子供たちとは開園40分前に合流。

時間どおり、8:00に開園!! 子供たちのeチケットを回収し、やや小走りでトイマニへ。橋を渡り、レールウエイの下をくぐり、タワテラ前の角を曲がると、そこはFP発券所。奥の発券所に至るまで一度も止まることなく、8:05にFPゲット!! 11:45-12:45の回!!!!

その後、並んでいないポップコーン売り場を見つけ、キャラメル味をゲット。アラビアンコーストにいる家族と合流。シンドバッド、マーメイドラグーンS、カルーセルを制覇(雨なので心なしか混んでいる)。合羽を脱ぐのが面倒。シンドバッドは前後の船に誰も乗っていない、我が家の貸し切り状態。

マーメイドRへ移動し、40分待ちのワールプール、FP取らずに妻ちゃんが並んでくれたマーメイドラグーンシアターへ(ヒーさんはここで爆睡・・・)。そろそろトイマニへ移動する時間となった。途中、インディ・ジョーンズのFPを取ることにし、マーメイドRを出て、ロストリバーDへ。その後、疲れるから少しでも移動手段を利用しようとエレクトリック・レールウエイに乗る。

期待したトイマニへ。せっかく攻略本を読んで臨んだのに点数が低い。子供に負けて悔しいお父さん。子供たちは、無邪気に「もう1回乗りたい〜」とのたまう。あのねー、2時間も3時間も並ばないとできないんだよと諭す。

ここで12時を過ぎたので、ノープランだった昼食へ。お父さんがダッシュでケープコッド・クックオフに行ったら、ショー付は130分待ち。ショーなしでハンバーガーを楽しむ。味はおいしいかった。すぐに座れた。

次に、インディFP使用までの空き時間で、アクアトピア、子供たちが嫌がる海底2万マイルへ行った。2万マイルでは、ちー様曰く、8割がた目をつぶっていたとのこと。40分も並んだのに・・・。その後、またしてもマーメイドRへ移動。ジェリーフィッシュに乗り、マーメイドラグーンシアターのFPゲット。ヒー様が1回目に爆睡してしまい、見ていなかったため・・・。さらに時間があったため、シンドバッドに乗船。

ロストリバーDに移動し、インディへ。激しく揺れる、暗い、怖いを乗り越えて、子供たちはひと回り成長した(はず)。しかし、かなり文句を言われた。ライジングSやセンターオブジEに乗ってないんだからいいんじゃないかと思う父。

またしてもレールウエイに乗り、ビッグバンドビートへ。抽選にはずれて、悔しくなり、並ぶことにした。約1時間前に到着したところ、5:40の2階席が座れるとのこと。最前列でちょっと見づらかったけど、演奏、踊りが素晴らしい。お父さん感動。来てよかったと実感(そして、まさかのヒー様2回目の爆睡)。

本日3回目のマーメイドRでコンサートを見る。またしてもカルーセルに乗る。ファンタズミックを見る。買い物をする・・・と満喫し、21時に退園。22時過ぎに家路とつきましたとさ。

そして、翌日(つまり今日)、体のあちこちがめちゃくちゃ痛い。


比較的すいている4月の、しかも雨の降る日であったため、入場者数が少なく楽しめたのかな?


以上

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


前歯なし・・・

2017/04/01 21:45
ひさのちゃんがお姉ちゃんと踊って、歌って、暴れているときに、

お姉ちゃんの頭に歯がぶつかって、前歯が1本抜けました。

ちょっと前に1本抜けていたので、現在、両前歯がない状態。

かなりおまぬけな感じです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その7)

2017/04/01 07:45
(3/25)
Z会の教材が届いた。正直「へっ?」というヴォリュームのなさ(しかし、娘ちゃんが解けるがどうかとは別問題)。普段のポピーだけで精いっぱいなのだから、我が家にとってはこれが適正な分量なのかもしれない。これだけで問題が解けるようになるとは断言できないが、やるしかない。

(3/26)
Z会を始める前に市販の問題集(文理)をやらせてみた。時間無制限でやってもよいことにしたところ、娘ちゃんはうんうん唸って何とか答えを捻り出していた。その姿を見て、感動して涙ぐむ私。どうやら娘が何をしても感動してしまうようだ(歳をとるって怖い)。
それにしても、じっと座ることが段々できてきた。そのレベルでも許せてしまう低レベルの私。頑張って、娘ちゃん。

(3/27)
本格的に独りの春休みが始まった。超ハイレベルな問題に取り組んで、娘ちゃんの知恵熱が出ていないかと心配。家に帰ってみると・・・、ほとんど問題集が進んでいない(ガーン)。そして、解説をしてあげようと問題を見たら、私もほとんど分からなーい(ガーン)。答えを見ながらのたどたどしい解説に黙って聞く娘。
「分かった?」(父)、「分かんない・・・」(娘)。
娘が私の子供であることの不幸(?)を実感。優等生だった(私の)小学時代は遠い過去の物語。
娘ちゃんが不憫でならない(涙)。

(3/26)
毎日健気に勉強している様子。しかし市販の問題集(今更だけど、正確には『適性検査対策問題集』(文理))が難しく、ほとんどの問題が飛ばされている。知識を問う問題、表やグラフを読み取る問題など多岐にわたり、習ってないけど分からないのか、まだ習っていないのか、それさえも判別できない・・・。

(3/27)
またベネッセからDMが届く。DMを頼んだ覚えがないので、先日「DM 停止」の手続きをしたはずなのに、また届いた。キャラクターみたいなもので小学生の気を引く作戦なのだろうが、当方は受検という厳しいロードを歩み始めたところ。何であんなの送ってくるのかなぁ。正直止めてほしいだけど。
しかし、このDMにはどのくらいのコストがかかっているのだろうか? しつこいDM発送のコストも受講料に含まれると考えると、かえってやる気が失せると思うんだけど。

(3/30)
娘ちゃんから「都立中学に行ったとしたら・・・」みたいな発言が出るようになった。それだけで驚き。私が敷いたレールの上を恐る恐る歩き始めた娘ちゃん。もし敷いたレールの方向が間違っていたらと思うと、怖くて眠れない。もしそうなったら娘ちゃんが不憫でならない。

(3/31)
とうとう3月も終わる。春休みも半分が過ぎてしまいました。本日は、ねーね様と八王子のわくわくビレッジに出かけたそうです。


つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その6)

2017/03/25 16:17
娘ちゃん:小学5年生。4月から6年生。

(3/18)
ドラマ『下剋上受験』を見ていた妻ちゃんが、主人公・桜井信一のキレ方が私のそれと似ていると大笑い。
・・・笑っている場合かーっ、数か月先には同じような状況になるかもしれないんだぞ!!
数か月先のオイラに言いたい「娘ちゃんを追い詰めても何もいいことは起こらない。お前は感情をコントロールし、やるべきことをやれ!」と。

(3/19)
5年生のポピーがやっと終わるかと思ったが、停滞ぎみ。これで都立中高一貫校の受検用の通信ができるのだろうか。正直、日々の時間が捻出できない。考えてみたら、ソロバン(かなり一生懸命取り組んでいる)、テニス(辞めてもいいと言っている)、友達との遊び(土曜日は終日)を優先し、その合間に勉強タイムをぶち込んでいる状態なのだから、停滞して当然か・・・。
火・金の私塾自習タイム(各1時間)、水曜日の私塾国語(授業)、月・木のパパ勉タイム。これで都立中高一貫対策は全く1分たりともやっていない状況なのだから!

(3/20)
昨日は高尾山に登って疲れていたはずなのに、帰ってきてから俄然やる気が出て、ポピーが結構進みました。お父さんはスケジュール的なものを扱うだけで、勉強を教えるのは妻ちゃんの方が合っているような気がする。しかし、娘ちゃんのやる気が出たり、出なかったりするタイミングがよく分からない。
(でも頑張っているのは、傍目に見てもよく分かる。)

とうとうZ会の申込み。塾無しでの受検勉強は孤独なロード。しょうがないか。他の習い事や遊びを優先しているんだから。でも記念受検ではない。そこはしっかり。

(3/22)
入試問題を見て、「難易度高いな〜、やぺっつぉ」くらいに思っていないか。問題の傾向、要求されるレベル、必要とされるスピード、必要とされる知識、そのほかに要請される特殊な能力。これらを一つ一つ分析する。それが親の役目。

6年生の1学期の終わりまでにやること。@ポピーを早めに始めて、早めに終わらせる(できる分量を見極め、スケジュールを細かく設定する。)。6月に終わっているようじゃ遅い(学年末のテストにも影響)。A「あゆみ」の良くできるの割合を高める。娘ちゃんによく言って聞かせる。BZ会をやって、中高一貫の問題形式になれる。スピードに慣れる。

親は焦ってはいけない。大手塾の子は時間を掛けている。うちはピンポイントで努力。ムダなことはしない。受検日に娘ちゃんが惑わないレベルまで引き上げる。親の力で!

(3/24)
3学期が終了。「あゆみ」は前回よりちょっと良くなってホッとしました。しかし、「進んで学習する」が軒並み「できる」判定(うーむ)。テストの点は良いのだから、あとは「やる気」の問題だと思うのですが、外から見ても「やる気」が感じられない。実際に「やる気」がない。6年生になったら、嘘でもいいから「やる気」があるよう装って(?)ほしいものです。

ところで、私塾に連絡し、春休み期間中は塾を早く開けたりしているのか聞いたところ、通常通り16時以降にオープンとのこと(ガーンっ)。毎朝、塾で勉強させてもらおうと思っていたのに当てが外れてがっかり(妻ちゃんに八つ当たり気味)。やることはたくさんあるのだが・・・。

(3/25)
Z会の教材がいつくるのか電話して確認。昨日発送したとのこと。いよいよ娘ちゃんの未知の領域へ。都立中高一貫校のような「考える問題」が果たしてできるのか。泣いてしまわないか心配。
 
妻ちゃんが、「3時間くらい勉強しないとダメ。他の子は塾でたくさん勉強してるんだよ」と説教(気味)。進学塾の子と比べてどうする?と思いつつ、焦るのは私も一緒。娘ちゃんは(親が勝手に決めたこと。私は言われたことはやっている。)とでも言いたげ。どうしていいのか分からん、優柔不断の私。
勉強の習慣をつけ、次(中学校)にうまくつなげられれば良い。一生懸命やることの大事さを学び、いい経験になれば落ちても構わない、と妻ちゃんに伝えたところ、「でも、合格させるためにやらせる」的なことを言っておられた。いつの間にか、妻ちゃんと私のスタンスが逆になってしまった。
(合格させたいのは誰しもが思うことですが。)


つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高尾山に登ってきましたっ

2017/03/20 07:17
昨日、毎年恒例の家族行事である高尾山登山に行ってまいりました。

家族4人では初めて、高尾山口駅から歩いて山頂まで登りました(1号路)。

ヒサノさんが文句ばっかり言うので、「めんどくせー」と思いましたが、何とか登頂。

4号路の後、リフトで降りてきました。


疲れたー。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その5)

2017/03/19 06:15
娘ちゃん(5年生)の3学期も中盤に。

(2/14〜)
パパ勉・ママ勉タイムが始まりました。といっても、前に買った作文問題の本と漢字本をやるのみ。本当は過去問をやらせたいのだが、機は熟していない。今、過去問を始めたら、大やけどをしそう。
漢字をやらせてみるが、トホホな出来栄え。

忘れそうだから書いておくが、適性検査T(文章問題)と適性検査U(総合問題)ではUの配点が高い(Tが100点、Uが200点。合計300点が800点に換算される。)。一方、報告書は200点に換算される。そうすると優先順位は、@総合問題(共通問題)、A文章問題、B報告書という順番になるのだろうが、まず報告書をきちんと点数もらわないとそもそも戦いの場に乗ることができません。3学期以降、いい成績が取れますように。

勇気を出して、娘ちゃんに「学校でもいい成績とるんだよ。テストは比較的できているんだから、あとは積極的にやる姿勢を見せてね! 「あゆみ」でいい点とらないといけないんだから。」って言ってみたら、「分かったー」と軽い返事。そんなに簡単に「あゆみ」(通知表)が良くなるとも思えないんだけど、遠慮している場合ではない。

 過去問を分析中。適性検査U(文章問題)は、高度な理解(対比)、言葉の使いまわしのちょっとした差を理解する能力が求められる。また、それを踏まえて、自分のスタンスを明らかにし、その理由を理路整然と述べる子が求められている、と理解。受検する予定の中学校は、うちの娘ちゃんとは全く反対の子を求めている!!


(2/15)
6年生でやる漢字を勉強し始めた。今日は機嫌が良いらしく、文句はでない。

作文の問題は、何だかんだぶつぶつ言いながらも続けている。書くのには抵抗がさほどないのだが、読点を書かない、主語と述語が対応していない、やたら文章が長い、結論があいまい、指定された文字数の半分も書かない、具体的な記述がない、など改善点が多数。私が指摘しても、「うん、分かったー」といって、次も同じことをやらかす娘ちゃん。お受検ロードは天竺への道よりも長し。


(2/16)
勉強が嫌でやたら風呂に長く入っている(と妻ちゃんが訴える)。風呂から出た後、「今日は時間が遅いので、軽めにやろうか」と言ったら、「軽めじゃなくていい」との返答(天邪鬼)。しかし、モチベーションは低い。そもそも午後10時近くて、眠くなっているだろう。娘が可愛そうに思ってしまう半人前の私。

紆余曲折の結果、今の勉強(ポピー)に加えて、Z会をやらせようと思ったのだが、通信システムのトラブルにZ会は受付を停止中。「何やってんだよZ会ー」。

(3/4)
旅行先で漢字の勉強。5年生で習った漢字の復習。範囲が広すぎて辛い。
しかし、後日、満点を取りました!

(3/8)
あっという間に3月。結局、この1か月で作文の本と漢字の本をやれただけ。あとはポピーが何とか追いついている。私塾の国語コースが本日スタート。たくさんの宿題が出て焦る。これでZ会をやりこなせるか。娘ちゃんは心の病になりはしないか・・・(・・・心の病になるほどまだやっていませんが)。でも、宿題の天声人語の書写(週に2つ)と漢字を続ければ、受検の問題を理解するところまでは何とか行けそうな予感がする。アウトプットは大人びた文章を読みこなせるようになってからか・・・。


(3/12)
塾での宿題の量が意外と多く、四苦八苦。天声人語を音読して、その中の漢字を調べるもの。直接中学受験に関するものではないため、これで問題ができるようになるかは未知数だが、論文やエッセーに対する抵抗がなくなり、漢字も読めるようになれば、一歩近づくような気がする。


この1か月、過去問を眺めたり(正直、難易度が高すぎて「解く」までに至っていない・・・)、インターネットで情報収集したり、図書館で「中学受検本」をありったけ借りてきて、親としてのスタンスを模索。
結論として、今の娘ちゃんに都立中高一貫校合格はかなり厳しい。率直に言えば無理。だけど、机に座って、勉強する姿勢はついてきたし、娘ちゃんも(嫌々ではあるが)中学受検をさせられるんだろうなと認識し始めている。たとえダメであっても、次に繋がれば良いというのが現在の心境。目標を据え、それに向けて楽しく頑張る。受検を経験して、その経験を将来に役立たせる。私、妻ちゃん、娘ちゃんが共通の目標に向かって、それぞれがやれることをやる。それが、いい思い出になればいいのだ。「お父さんは、いつも自分のことを思ってくれて、応援してくれていたんだ」と思ってくれればいい。段々、私も変わってきた。今は、清々しく、楽しい毎日。

つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その4)

2017/03/19 05:29
娘ちゃん(5年生)の3学期が始まった。

(1/23〜)
せっかく買った漢字本、作文問題であるが、私塾の先生から「ポピーが追いついていない」という理由で中断・・・。

そこで、家で漢字本をやらせてみると、小学2年とか3年の漢字も分からないものが多々あり。意味が分からないものも多い。無理やりやらせてみると、分からないことにいら立つ娘ちゃん。遅々として進まない(親は絶句)。これでは受検の問題文を読めずに時間切れとなってしまう・・・。「辞書で調べよ」と言っても、相変わらず辞書に触れもしない。

そこで、私塾に連絡して「面談」を申し込んだ。我が家の方針を伝え、我が家の方針に邪魔せぬよう、そして協力を仰ぐよう伝えるんだ(何せ「自習」コースなので・・・)。

その場で疑問点を解消し、覚える。次回、復習する・・・こうした流れを何とか作りたい。


インターネットで体験記などを見るにつけ、焦る毎日。勉強する気がない娘ちゃんに勉強を強いる辛さ(楽しんで勉強をするという雰囲気には到底ならず。)。

適性検査T(文章問題)と適性検査U(総合問題)ではUの配点が高い(Tが100点、Uが200点。合計300点が800点に換算される。)を確認。一方、報告書は200点に換算される。報告書の点数も気になる。何とか頑張ってくれ、娘ちゃん。


Z会、進研ゼミの資料請求。学研は2016年度をもって公立中高一貫コースを終了させるとのこと。


来年の受検まで時間がない。難しい文章を苦も無く読めるようになる。圧倒的な資料を基にしても冷静で考えられる。自分なりのやり方・解決策を見つける。それを書く。それだけに特化した対策を打ちたい。それ以外は無視してもよいという心境。


(2/3)
有給休暇を取って、受験する予定の学校を見学。来年の今日、私と娘ちゃんは、どうなっているのだろうか。元気に送り出すことができるだろうか。親が緊張していてはまずいと思い、受検する時間に合わせて電車に乗る。大変な光景を目にして、ちょっと心配になった。詳細は手帳に記載。


(2/4)
妻ちゃんと喫茶店で協議。熱く2時間語り続ける。その後、私塾の塾長と面接。「このままでは難しい」とか、「記念受検でもいいのか」とか、「(娘は)勉強ではなく作業をしているだけ」とか、「私立も考えたほうがよい」とかさんざん言われた。親は正直凹む。大体、小学5年生で、今までのんびりと過ごしてきただけではないか。勉強が少し嫌いなだけで、なぜこれほど言われなければならないのか。『下剋上受験』のワンシーンのよう。


(2/5)
 家族で協議。今思えばしかたないのだが、無自覚な娘ちゃんに怒る親(私)。娘との口論になり、私も娘ちゃんも泣く。「どうして勉強だけは好きになれないのか。やればできるのに」と訴えた。そして、無理やり、私塾に1教科(国語)だけでも通わせることに。娘はうなだれたまま。(今日も爆発してしまった・・・)と反省(猛省)。


(2/6)
土曜に面接したのに、月曜に再度塾長と会って、1教科通わせる旨を伝える。塾長からは「6月頃にまた受験のことを話し合いましょう」とのこと。焦ってもしょうがない。何か変わってくれればよい。少しでも前進すれば、お父さんとしては満足(とレベルを大分下げる私。)。本日、娘ちゃんはちょっと無邪気になって、歌ったり、踊ったりしている(いつもの光景)。お父さんは、歯がゆい思いと、爆発してしまった反省で、お菓子を買って帰り、娘に詫びる。


(2/7)
娘ちゃんを塾(あくまでも自習)に迎えに行った帰りに、1教科通わせることを正式に伝える。娘ちゃんは「うん、分かったー」と無邪気な返事。お父さんに言われたらしょうがないと思ったのか。真剣にとらえていない様子なので、私もこれからはライトタッチで臨むことにする。
大体、受検だ何だと重くとらえてもしかたがない。受検、そして受検勉強を、家族の楽しい思い出にする。いつか、将来、娘ちゃんが、「あの時は楽しかったなぁ」とか、「お父さんは、私を応援してくれていたんだなぁ」とか思ってもらえるような、楽しい思い出を作る。・・・しかし、それには娘ちゃんのやる気というエッセンスが必要なのだが・・・。


(2/9)
 叔父の告別式に出席すべく実家に帰省。そこで中学受検をしようと思うが、なかなか娘が乗ってこない話を母親にすると、「あんたはのんびりしすぎている!」とか、「さっさと塾に通わせろ」とか厳しいお言葉。それを妻に伝えたら、妻もショックを受けていた。私たちはのんびりしていたのだろうか・・・。


(2/11)
娘ちゃんと話し合い。1週間のスケジュールを決める。パパとの勉強タイム(パパ勉)を設けて受験対策をすること、宿題は帰ってきた後にすぐやることなどを決めた。「で、どんな問題が出るの?」とか聞いてきたから、ビビらない程度に、遠回しに恐ろしい問題であることを実物で示したところ、「分かんない」と一言。実は、俺もよく分からないんだよね・・・(てか、ほとんど出来ないことは娘ちゃんには伝えていない)。
妻ちゃんは、寝る前の更なる復習タイムが必要を主張。娘ちゃんも「いいよー」と軽く応じていた(今日は機嫌がいい。)。しかし、よく分からない娘ちゃんの気持ち。(どーせ暇だし)とか思っているのかもしれない。


(2/12)
今日はソロバンの検定試験。待っている間に妻ちゃんと話し合い。苦節ウンか月、ようやく妻ちゃんから「本当に受検とか必要かな?」とか、「受検ありきで勉強させたくない」とかいったそもそも論が出てこなくなった(ホッ)。
それどころか、「やるなら徹底的にやらせる」といったスタンスがビシビシ伝わってきて、女って怖えと・・・。
まず、漢字を徹底的に覚えさせるという妻ちゃんからのお達しがあり同意。今年の3月までに何とかしたい。そして、4月からは過去問をやらせるという大まかな方針を話し合った。


(2/13)
月曜と水曜と土日は「ぱぱ勉」と称して、娘と一緒に勉強することになった。なぜか復習タイム(ママ勉)もスケジュールに組み込む。「あー・・・間に合わない」とか言って、いつのまにかスパルタになりそう。

つづく
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


家族旅行(広島)

2017/03/06 23:00
昨日・一昨日と家族で広島に旅行に行ってきました。

1日目 宮島にフェリーで渡り、厳島神社を見たり、弥山に登って
 瀬戸内海を眺めたり、あなご飯を食べたり、焼きカキを堪能。

 広島市に戻ってきて、お好み焼きを食べました。

 路面電車に乗って、ホテルへ。

 楽しい1日。

2日目 平和記念公園に行き、平和祈念資料館や原爆ドームを
 見学。娘と一緒に、戦争や平和について考えました。

 次に、呉市へ。海軍カレーを食べたのち、大和ミュージアムへ。

 またまた戦争や平和について考えました。

 思い出に残る旅になったかな。

 また、家族で行こうね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その3)

2017/02/18 22:36

 妻ちゃんは、私が買った受検本3冊を読んで、なかなか難しい状況にあることを理解し始めた。
ここ最近、「どうしたらいいのかね?」と一緒に悩んでくれている様子。この時点で〈受検をしないで
静観する説〉は不採用となった(多分)。

 娘ちゃんが、いつから、どこで、どのように勉強するか。娘の適性を考えて、ベストな判断をする
べく、ここ1〜2週間模索中。さらに、娘ちゃんから「ポピーが追いついた」との報告。
いよいよ娘ちゃんの意思確認をしつつ、今後の方策を練らねばならない。

 時間が無くて焦る中、ネット検索等もうまく進まず、当面、漢字の復習本と文章の書き方の本を
1冊買い与えることとし、その後のことは後日考えることにした。

 「下剋上受検」に感化され、また、大手塾にお世話になるほど生活をドラスティックに変えるのも
イマイチ踏ん切りがつかず、自学自習により当面進めることにした。
 昨年10月から私塾に通い始めて、しっかりとリズムが付き始めている。家だと、父(私)又は
妻ちゃんに甘えて何も進まないが、私塾の自習コースではうまく行っているような気がする。

 よって、やはり中学受検をすることとし、私塾(自習)とポピーを継続。テニス・ソロバンも
今までのとおり(大甘?)。3月くらいから市販の過去問題集を私塾の自習でやらせて、
親が○をつける。又はZ会などの通信添削を利用。月曜も自習に通う。土日もきっちり時間を
確保する。
 親は娘ちゃんを信頼しつつ、しっかりと進捗管理をする。ご無体な要求をしない。娘ちゃんに
合った方法をひたすら模索する。10月頃までに一定のレベルに達するよう道を定める。何の
教材を使うかは検討する。

(1/22)
 中学受験をするか再度意思を確認。娘ちゃんは「嫌だ」と即答するが、これから何をするか伝え、
最終的に来年の始めまでに受検するかしないかを決めればよい、ということにした(妥協。
そして妻は不満げ。)。
 娘ちゃんから特段の反論もなかったので、半ば承諾したものとして先に進める(ことにする)。
親が決めたら、ブーブー文句を言いながらも、やることはやる娘ちゃん(主体性はない・・・。)。
 大体において、小学生が自分から「受験したい」とか、「勉強したい」とか言わないと思うし。
言ったとしたら、それは親の意を汲んだだけのことでしょ。勉強なんかできればしたくないのが
健全な小学生の本音でしょ。


(で、とりあえず、勉強に付き添ってみた。)
 漢字の復習・・・分からない漢字があって親に八つ当たり。親としては、低学年の漢字も
分からないのかと衝撃。しかし、やってみて良かった。大分レベルを落としてでも、
やることに意味がある。
 作文の勉強・・・分からな過ぎて逆切れ。いつ、だれが、何のために、どうやってをメモして、
組み合わせるように教えた。やる気になればできるのだが、「無理」という気持ちが先に立ちすぎ。
親は我慢。

 志願者数の発表。5年連続で受験者数が減少。6倍を切って、5倍台に突入。逆に都立中高一貫の
人気がなくなってきたのか、ちょっと複雑な心境。これまでが異常に高かったのか。都の無償化案の
影響で私立に人が流れ始めたのか。それとも全入時代に突入したのかは定かではない。


(1/23)
 「今日勉強した?」と聞いてみたら、「ノー」という答え。やはり、勉強の内容うんぬんよりも
まずはリズムを作るしかないか。他の子と比べている場合ではない。ゆーっくりやるしかない。


(これからやること)
・ネットで「都立受験、いつから」などをキーワードに徹底的にやり方などを調べる。

・祖父母たちにも我々の方針を事前によく説明する(我々の方針に反するコメントをしないよう)。

・通信をやるとしたらどのような教材を、いつから始めるか。

・いっそもう一度私塾に相談してみる。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京都公立小学校美術展覧会に行ってきたーっ

2017/02/12 21:21
29.1.12 本日、東京都美術館に「公立小学校美術展覧会」を見に行ってきました。

なんと、我が小学校から2名が選ばれ、そのうちの一人がチー姫だったのです!!!

やったね、チー姫。

すばらしい芸術を鑑賞してきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受検物語(その2)

2017/02/12 21:14
(その1の補足説明)
 毎日、毎日叱られても、さっぱり「ポピー」をしない娘(長女)。溜まるポピーの山。
 状況を打開すべく、都立某中高一貫校の受検を目的に据え、さらに塾に行かせ
ようと目論んだ私。意を決して行った私のプレゼンもむなしく、娘ちゃんは、
中学受検に対しては断固拒否する姿勢を見せた。しかし、なぜか塾(の自習
コース)には通ってもよいとなり、以後、毎週健気に塾へと通うようになった。

(昨年末から)
 妻ちゃんは、塾長様の「うちはほぼ100%希望校(高校)に入学させている」
という言葉をうのみにし、だったら都立某有名高校に入れさせられるかもしれない
と期待(そう見える)。
 中学受検はマスト(絶対)ではないと態度を軟化させ始めた(ように見える)。
 それを受けて、私は、合格率が低いことを踏まえ、「まずは受検を経験することが
大事」、「本番は高校受験」という主張に変更しつつ、中学受検をすることにこだわ
っていた。

 しばらくは娘の様子を静観していたのだが、入塾の1〜2か月後、妻ちゃんが、
他校(娘が通う予定の市立中学校の隣の中学校)の状況を仕入れてきた。その学校
では、中学受験を経験して入学してきた生徒が多く、学力のレベルが非常に高い
とのこと。それでは、中学受験組が少なく、のんびりとした雰囲気がある入学予定の
市立中学校ではますます高校受験に不利ではないかとの焦り。


 現在、5年生の12月。塾長様の言葉を信じて、自習コースから本科コースへと
クラス替えをし、中学受検をスキップし、市立中学での様子を見つつ、高校受験で
一発勝負をかけるか。それとも、他校の生徒に負けじと、中学受験に挑んでいくか
選択の時期が迫ってきている。

 やっぱり思うのだが、
 たとえ都立中高一貫校には受からないとしても、受検を経験することで経験値が
上がり、あがり症が少しでも解消でき、さらに(市立)中学でスタートダッシュを切れれば
自信も沸くし、内申点も上がるのではという目算がある。
 それに、万が一、受かってしまうかもしれないじゃないか(何かやらかしそうな娘ちゃん。)。
 また、先日のばーば情報では、娘ちゃんは(私から言われて、しょうがなく?)「中学
受検しなければならない」という気になっているようだ。
 他方で、受験に失敗し、引きこもり・自閉症・心の病になってしまうリスクもある。
さらに、本を読むのが苦手で、自分の意見も特に持たず、流れに身を任せるのが得意な
娘ちゃんに、都立中高一貫校の適性試験のような考えさせる問題は合っていない気もする。

 中学受検をさせるのであれば、単なる記念受験ではなく、レベルをアップさせ、
ちゃんと受検に向き合うために、受験に関する正しい情報を入手し、最も受かりやすい方法
、娘に合った方法を採ってあげなければならない。「まだいいんじゃない」とか言っている間に、
1年はあっという間に過ぎてしまう気がする。

 年が明けて、平成29年1月となった。あせりで何をしていいのか途方にくれる中、
やはり実際に過去問を見て、今何をすべきか考えようと思った。
新宿の大型書店に赴き、過去問とマニュアル本を数冊ゲット。中身を確認してみると、
過去問はかなり難しい。正直に言えば「解けない・・・」。答えをみてもよく分からない問題もある。
しかも、問題数が多い一方で、制限時間が45分と短い。一瞬で読んで、すぐに書き始めない
と間に合わないボリュームだ。それほど難易度が高い理由は大体想像がつく。
適性検査は小学校で習った範囲から出されるから、その範囲内で問題を作りながら、
同時に受験生をふるいにかけなければならない関係上、ボリュームを増やして、制限時間を
短くしないといけないからだろう(そうしないと皆受かってしまう)。

 まず辞書を引かない娘ちゃん。たとえ漢字が読めたとしても、意味が分からないのでは。まして、
難解な文章を読んで、それを理解し、さらに問題を読んで、それを理解して、
自分の意見をまとめて、時間内に決められた文字数やルールに則り書くことができるのだろうか。
「噂にたがわず難しい問題だぁ」と納得しながらも冷汗が・・・。

 中学受検関連の本を買ってきたことを妻ちゃんに報告。大抵、子供にまつわるこう
いう話には乗ってこない傾向にある。「まぁここに置いておくから読んでみてよ」といって
過去問とマニュアル本を示すと、さすがに過去問には(そこまでするの)という冷ややかな目。
「問題見てみたけど、かなり難しいよ。俺でも無理。」と言ってみたところ「ふーん・・・」との
薄いリアクション。過去問も見ないで何も語れないのではないかと思うのだが?

 しかし、過去問を見てみてよかった。学校の授業を聞いて、ポピーやって、漢字のおさらい
をしたら受かるというレベルではなく、言うなれば別次元の問題。小学校の勉強のレベルが
低いというのではなく、解答を捻り出すためには基礎力に加えて、別の能力を必要とする
といったような感じ。学校で先生のお話聞いて、宿題やって、ポピーやって、は悪くないが、
このままでは娘ちゃんが「記念受検組」になってしまう。
「まずは受検を経験することが大事」、「本番は高校受験」などとキレイごとを言っているが、
やはり合格するための手立てを打つ必要があると痛感。そして、妻ちゃんも、過去問を見て
びっくりすればいいんじゃー。娘ちゃんがこんな問題(特に作文)ができるようになったら、
お父さん感動して泣いちゃうかも。

 2〜3日後、妻ちゃんも「どーすればいいのかね」と受検に関する話題を持ち出してきた。
しかし、「受検することが一番とは思わない」とか難色を示しだし(またそれ〜?)、
(それって中学受検自体止めるってこと?)的な衝撃。ふりだしに戻る? 嘘でしょ。
でも俺も冷静になると「娘ちゃんはやりたいと一言も言ってないしなぁ・・・。
結局、俺が中学受検させたいだけで、俺の幸せのために言ってるようだなぁ・・・」と寂しい気持ち。
その後、多少の歩み寄りがあり、どうやら妻ちゃんは、受検するとしたら何をすれば良いのか
分からず悩んでいる様子。それは俺も同じじゃーい。

(1/13)
 買ってきた本をひととおり読んでみた。地頭がよさそうな息子さん・娘さんがいる
ご家庭での話だったから鵜呑みにするわけには行かないが、ひょっとして自宅勉でも行けるかも
と勘違いをしてきた。そうだ、妻ちゃん、娘ちゃんと家族会議を行い、プレゼンをして、合意を得よう。
一人でも合意する人がいなかったら、悲しいけど、娘ちゃんは地元の公立中学校に進んでいただこう。
でも、きっと「やる」というはずだ。市の陸上大会(任意参加のやつ)でも嫌々100m走ったし、
中学受検は45分×2回のたったの90分だよ。んで、3冊本を読んで、俺なりに悩んでいることと
その解決策をまとめてみた。

(以上を踏まえて、ここ1か月でやること)
・娘ちゃんの意思確認(中学受検をするか、するとしたら勉強するか)

・妻ちゃんの意思確認(中学受検させるか、させるとしたら適正なサポートができるか)

・娘ちゃんが、いつから、どこで、どのように勉強するか。娘の適性を考えて、ベストな判断をする。

・ネットで「都立受験、いつから」などをキーワードに徹底的にやり方などを調べる。

・祖父母たちにも我々の方針を事前によく説明する(我々の方針に反するコメントをしないよう)。

・通信教育をやるとしたら、どこの教材を、いつから始めるか。

(そして私の案)
中学受験をすることとし、
 私塾(自習)とポピーを継続。テニス・ソロバンも今までのとおり。
 3月くらいから市販の過去問題集を塾の自習でやらせて、親が○をつける。
又はZ会などの通信添削を利用。月曜も自習に通う。土日もきっちに時間を確保する。

(今日はここまで、つづく)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お受験物語(その1)

2017/02/12 19:38
 チー姫のお受検物語(その1)

 話は、去年の秋頃に遡る。


 現在5年生のチー姫様。全然、勉強をしない。

 授業中に手を挙げない。

 「あゆみ」(通知表)には「進んで学習する」が全部「できる」にとどまっている。

 そんな状況に業を煮やし、チー姫&妻ちゃんに中学受検を提案。

 サラリーマンよろしく、受検するメリット・デメリットを1枚紙に記載して

 プレゼンをしたところ・・・

 
 娘からは「嫌だ」、妻ちゃんからは「中学受検は必ずしも必要なし」とつれない答え。

 しかし、このままでは何も変わらない。

 一生、娘は勉強というものを知らずに、その喜びを知らずに大人になる。

 本も読まない。当然、漢字も知らない。

 このままでいいわけがない!


 中学受検を目標に据え、それに向かって勉強をする。
 (具体的には、都立某中高一貫校。)

 残された時間は少ない。

 妥協案として、近所の私塾の「自習コース」に週2回通うことになった。

 (ここまでは、前回記載。)


 その後、週2回の自習コースに健気に通う娘ちゃん。

 自習コースの初日に、担当の先生を絶句させたポピーも
 (→数か月分が溜まっていた。)

 年内で大体追いつくことができた。

 やったじゃーん!!!

 偉い!!!

(つづく)
 
 
 



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016 年末 家族忘年会

2016/12/26 06:41
昨晩、家族の忘年会で安楽亭に行ってきました。

どこも混んでいるだろうから、空いているところと考えたところ、

安楽亭を思いつき、私自身は20年ぶりくらいで行ってきました。


チーやヒーは「焼肉いやだぁ」とか言っていたのに、

いざ着いたら、お肉をたくさん食べていました。

4人で「食べ放題」を使わずに食べて、飲んで1万円弱でした。

※スマホのクーポンを使って。

※食べ放題にするともう少し安いのですが、サイドオーダー(ビビンバや

デザートなど)を含めると、大体同じような金額になりそうです。


以上、備忘録でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ロンロンの Private Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる